読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PowerShellでEtwStream

EtwStream.PowerShell

neuecc/EtwStreamPowerShellから使えるようにしてみました。

github.com

Get-TraceEventStream Cmdlet

現在は、このコマンドのみ実装されています。

Get-TraceEventStream [-NameOrGuid] <string> [-DumpWithColor]
[-TraceLevel <TraceEventLevel> {
    Always
    | Critical
    | Error
    | Warning
    | Informational
    | Verbose
}] [<CommonParameters>]

Get-TraceEventStream [-WellKnownEventSource] <string> {
    AspNetEventSource
    | ConcurrentCollectionsEventSource
    | FrameworkEventSource
    | PinnableBufferCacheEventSource
    | PlinqEventSource
    | SqlEventSource
    | SynchronizationEventSource
    | TplEventSource}
[-DumpWithColor] [-TraceLevel <TraceEventLevel> {
    Always
    | Critical
    | Error
    | Warning
    | Informational
    | Verbose}]  [<CommonParameters>]

Object pipeline

出力は、オブジェクトで流れてきますので、PowerShellのコマンドを使ったフィルタリングや加工も可能です。

出力されるオブジェクトは、PSTraceEvent というMicrosoft.Diagnostics.Tracing.TraceEvent をラップした独自クラスとしています。
EtwStream で実装されている TraceEventの拡張メソッドが使えるようになっています。

public string Dump(bool includePrettyPrint = false, bool truncateDump = false);
public void DumpPayload();
public string DumpPayloadOrMessage();
public ConsoleColor? GetColorMap(bool isBackgroundWhite);
public void DumpWithColor(bool withProviderName = false, bool withProcesName = false);

PSEventSource

DumpWithColor Switch

DumpWithColor スイッチで、色付きの簡易ビューアになります。

PS C:\> Get-TraceEventStream -NameOrGuid SampleEventSource -DumpWithColor

DumpWithColor

WellKnownEventSource

WellKownEventSource パラメータで、既知のEventSource のGUID を一覧から指定できます。

WellKnownEventSource

View in GridView-Window

Out-GridView に流すと、GUI上でソートやフィルタリングが自在にできるリッチなEventビューワにもなります。

PS C:\> Get-TraceEventStream SampleEventSource | Out-GridView

EtwStreamPS_Out-GridView_filter.png

EtwStreamPS_Out-GridView_filter2.png

実装

コマンドレットの実装は、こちらの記事を参考にさせて頂きました。

tech.tanaka733.net

参考というか、コードのベース部分は、ほぼそのまま流用させて頂きました。

変更したのは、ソースのIObservableをEtwStream.ObservableEventListener.FromTraceEvent() で取得するようにした事と、 StopProcessing() メソッドをオーバーライドして Ctrl+Break による中断に対応した事位です。

まとめ

ブログのネタになればと、試しに作ってみましたが、予想以上に使えそうな予感がします。

LINQPadのライセンスが無かったり、そもそも職場でフリーソフトのインストールが制限されていて使えない!といったような方の代替手段として使えるかも??